【2020 – 2021年版】タイヤのスペシャリストがスタッドレスタイヤ11種を解説!ニーズに合わせた選び方と注目商品を紹介

スタッドレスタイヤ解説ブログ記事アイキャッチ画像

紅葉の見ごろは冬の訪れを楽しむ季節。
この時期、各タイヤメーカーから新商品も含めて、その年の新旧スタッドレスタイヤが山積みに。
お店は最新から掘り出し物の超特価品まで大変お買い得な商品がズラッと並びすでにお祭り状態!

早いもので、すでに北海道や東北地方では雪の便りが届いています。いよいよ冬シーズンの到来です!
これから多くの地域で夏用のサマータイヤから冬用のスタッドレスタイヤに交換するタイミングがやってきているのではないでしょうか。
そもそもスタッドレスタイヤは、サマータイヤとドコが違うのでしょうか。

スタッドレスタイヤとは?

その名の通り「スタッド=鋲」が「レス=ない」タイヤです。
雪道や凍結路面でもチェーンを装着することなく走行できるように専用設計された冬用タイヤです。
※一部チェーン規制対象区間を除く。

スパイクタイヤ粉じん発生の防止に関する法律が平成2年6月27日に施工され、スタッドレスタイヤが全国に普及しました。

ただスタッドレスタイヤを装着しても万全の状態とは言えません。
雪が積もっている路面、シャーベット状になっている路面や、凍結している路面で安定した走行ができますが、雪のない路面を走行する場合、スタッドレスタイヤのゴムは柔らかいため、乾いた路面や濡れた路面の制動距離は長くなってしまいます。
また、カーブや路面の凸凹に対して揺れを感じやすい傾向があり、安全運転を心掛ける必要があります。

スタッドレスタイヤの選び方のポイント

氷上・雪上性能で選ぶ

スタッドレスタイヤは、氷上や雪上で「しっかり止まり、曲がる」グリップを高めるため、タイヤメーカーごとに、コンパウンドやトレッドパターン、溝の形状などに独自性を持たせるなどゴムの性能に特徴があります。

コンパウンドやトレッドパターン、溝の形状などに独自性 の違いがわかる比較画像画像

都会でも路面凍結の恐れはあります。高性能なスタッドレスタイヤほど値段は高くなる傾向がありますが、高い氷上性能、ドライ・ウエットでも安定した操縦性など、お住いの地域・使用目的・予算などを考慮して選ぶことがポイントです。

ロングライフ性能で選ぶ

スタッドレスタイヤはゴムが柔らかくノーマルタイヤより摩耗も早くなります。摩耗が進むと冬用タイヤとしての使用限度を示すプラットホームサインが表示されます。

プラットホームサインがどういったものなのかわかる画像

この表示は新品タイヤから50%摩耗するとスタッドレスタイヤとしての性能が保証されなくなることを意味し、そのまま使用すると大変危険です。安全が最優先ですが、耐摩耗性が高く、経年劣化にも強いお財布に優しいスタッドレスタイヤを選ぶことも購入時のポイントとなります。

国産タイヤメーカーのスタッドレスタイヤは、4年はスタッドレスとしての性能を維持すると言われています。

幅広いサイズラインナップで選ぶ

タイヤメーカーは、軽自動車・セダン・スポーツカー・SUV・ミニバン・商用車など幅広いボディタイプにも対応するスタッドレスタイヤを展開しています。基本的に決められたサイズしか取り付けられませんが、スタッドレスタイヤではワンサイズダウンした物を取り付けることがあります。

タイヤについてプロに相談をしているイメージ画像

タイヤの幅が狭くなると、重さが一点に集中することで、滑りにくくなるというメリットが受けられるためです。デメリットは、接地面積が減るため、スタッドレスタイヤでもスリップが発生しやすくなります。サイズダウンする場合は、大きな危険が伴い、事故につながる恐れもあるので、ホイール・タイヤ専門店のプロに相談することをおススメします。

おすすめのスタッドレスタイヤ

iceGUARD 6 iG60 (ヨコハマ)

iceGUARD 6_製品特長 - ヨコハマタイヤ キャプチャ画像

出典:
iceGUARD 6_製品特長 – ヨコハマタイヤ [YOKOHAMA TIRE]
https://www.y-yokohama.com/product/tire/iceguard_6/

氷に効く・永く効く・燃費に効く+ウェットと音に効くがiG60のポイントとなっています。
氷に効く
タイヤ溝進化の非対称パターンと素材をプレミアム吸水ゴムへ一新し、氷上性能が向上しています。氷上制動はIG50と比べると15%アップということで安心感が増しました。
永く効く
柔らかさはスタッドレスタイヤの要となる特性です。 凍った路面の凹凸にしっかり密着して止まるという性能を十分に発揮するためにアイスガード6は、オレンジオイルSを新たに採用し、しなやかさをより永く持続させることに成功しました。
燃費に効く
低燃費タイヤシリーズ培った省燃費技術を応用し燃費の改善に貢献しています。
ウェットに効
濡れた路面にも密着するプレミアム吸水ゴムを採用したことにより、氷上性能とウェット性能を共に向上しました。
音に効く
アイスガード6は静粛性にも配慮し前モデルに比べてパターンノイズの騒音エネルギーを33%低減し、普段使いでも快適に乗れます。

ICE ASIMMETRICO Plus(ピレリ)

Ice Asimmetrico Plus - 車 タイヤ | Pirelli キャプチャ画像

出典:
Ice Asimmetrico Plus – 車 タイヤ | Pirelli
https://www.pirelli.com/tyres/ja-jp/car/catalogue/product/ice-asimmetrico-plus

アイスアシンメトリコは、アシンメトリコの名前の通り、左右非対称のトレッドパターンを採用し、圧雪・アイスバーン路面でのコントロール性能やステアリングの正確性、ブレーキング性能に寄与しています。

また海外タイヤであってもタイヤサイズラインナップがあるので軽自動車から大型セダンまで幅広く対応します。ピレリのスタッドレスタイヤは海外のメーカーなので国産のタイヤと比較すると性能や評判が悪いと考えている方も多いと思いますが、TIREHOOD AWARD 2019 TIRE OF THE YEAR(スタッドレスタイヤ)部門でベストタイヤ賞を受賞しています。

日本市場向けに開発したと宣言しおり、ICE ASIMMETRICOPlusは価格の安さも魅力的のひとつです。

X-ICE SNOW(ミシュラン)

MICHELIN X-ICE SNOW(エックス アイス スノー) | 日本ミシュランタイヤ キャプチャ画像

出典:
MICHELIN X-ICE SNOW(エックス アイス スノー) | 日本ミシュランタイヤ
https://www.michelin.co.jp/auto/tyres/michelin-x-ice-snow

ミシュランの新スタッドレスタイヤ、エックスアイススノーは、時期や時間帯により大きな変化を見せる日本の冬季路面を日本の消費者ニーズをきちんと反映しようと、テストを行ない、世界で最も過酷と言われる日本の冬道に合わせ込んでいる、想定されるすべての路面環境下において高いレベルの性能を発揮できるスタッドレスタイヤとして開発されました。

性能がより長く続くようにコンパウンドや溝形状、サイプの深さや数などを全面改良し、安全性のみならず経済性も高めた商品です。

11種比較解説

ブリヂストン ブリザック VRX2

BLIZZAK VRX2 製品特徴 | 製品ラインアップ | 装着率No.1のスタッドレスタイヤ:BLIZZAK(ブリザック)  | 株式会社ブリヂストン キャプチャ画像

出典:
BLIZZAK VRX2 製品特徴 | 製品ラインアップ | 装着率No.1のスタッドレスタイヤ:BLIZZAK(ブリザック) | 株式会社ブリヂストン
https://tire.bridgestone.co.jp/blizzak/vrx2/

ブリジストンが誇る発泡ゴム技術は、氷上での安心・安全な走りを実現!
氷雪性能を追求し続けるスタッドレスタイヤとして、雪国装着率No.1の栄冠を19年連続獲得。発売当時のキャッチコピーは、「発泡ゴムで、ハイグリップ」。初代ブリザックから30年以上経過するが今もなお進化は止まらない。

VRX2は、先代モデルより、さらに進化した「アクティブ発泡ゴム2」を採用。これにより、ブリザックお家芸である、しっかり止まる、曲がる。の氷上ブレーキ性能は10%向上。スタッドレスタイヤの寿命も22%伸びログライフ性能も進化。さらに車内の静かさを追求し、静粛性は31%アップ!と乗り心地も追求。
王者として飽くなき探究心で進化を続けている。

★雪国装着率No.1 19年連続獲得
★30年以上進化を続けるブリジストンの発泡ゴム技術が生んだ「アクティブ発泡ゴム2」を採用

ヨコハマ アイスガード IG60

iceGUARD 6_製品特長 - ヨコハマタイヤ キャプチャ画像

出典:
iceGUARD 6_製品特長 – ヨコハマタイヤ [YOKOHAMA TIRE]
https://www.y-yokohama.com/product/tire/iceguard_6/

ちゃんと曲がる、ちゃんと止まる。深キョンこと、深田恭子のCMでご存じの方も多いヨコハマタイヤが誇る最強スタッドレスタイヤ。

前モデルのIG50に「ウェットに効く」、「音に効く」がプラスされ、基本性能も大幅にアップ。雪や氷の上を走ることを前提に作られるスタッドレスタイヤは、サマータイヤと比較すると濡れた路面(ウエット)の制動距離が長くなりがちです。IG60はここに着目し、ウエット性能を5%アップさせました。
また、ゴムがブロック形状のため、どうしても音が大きくなりがちなスタッドレスタイヤですが、ブロックパターンを改良し、パターンノイズを33%低減させ快適なドライブを追求しています。

★静粛性に優れ、濡れた路面にも強いスタッドレス
★前モデルから更に改良された安心の氷上・雪上性能

ダンロップ ウインターMAXX WM03

WINTER MAXX 03(ウインターマックス ゼロスリー) | 氷上性能特化型 | 乗用車用スタッドレスタイヤ|【DUNLOP】ダンロップタイヤ 公式 キャプチャ画像

出典:
WINTER MAXX 03(ウインターマックス ゼロスリー) | 氷上性能特化型 | 乗用車用スタッドレスタイヤ|【DUNLOP】ダンロップタイヤ 公式
https://tyre.dunlop.co.jp/tyre/lineup/studless/wintermaxx03/

タイヤCMのタレントは?と聞かれたら、そう、福山雅治が真っ先に頭に思い浮かびます。
「MAXX止まる」と刺激的な言葉が印象で、氷に超速で効くダンロップ唯一のスタッドレスタイヤ。新技術となる特許出願中のナノ凹凸ゴムを採用し、氷とタイヤの密着までの時間を短縮

従来型のWINTER MAX02と比較すると、氷上ブレーキ性能は22%・氷上コーナリング性能は11%向上と氷上性能を格段にアップしています。されに低温下での密着力とゴムの柔らかさを実現したことで、静粛性能もアップしています。

★ダンロップの「止まる」ことへのこだわりが光る商品
★静粛性にも優れている

ミシュラン XアイスSNOW

MICHELIN X-ICE SNOW(エックス アイス スノー) | 日本ミシュランタイヤ キャプチャ画像

出典:
MICHELIN X-ICE SNOW(エックス アイス スノー) | 日本ミシュランタイヤ
https://www.michelin.co.jp/auto/tyres/michelin-x-ice-snow

ミシュランはフランスの有名ブランド。日本で初めて発売されたスタッドレスタイヤは「ミシュランXM+S100(1982年)」と言われています。北海道でテストを行い、日本の冬を研究し続けている

XアイスSNOWの大きな特徴は、新開発のコンパウンド「エバー・ウィンター・グリップ」を採用したことでブレーキング性能にアイス、雪上性能が向上しました。またサイプの長さを28%増加したことでエッジが強化され、接地面がしっかりと確保されコーナーリング時の車体のふらつきを防止し、安定した走りに貢献しています。
氷も雪も、全ての冬道に。長く続く安心感を届けるスタッドレスタイヤとして、幅広いニーズに応えています。

★北海道で日本の冬を研究し、生み出された安心感
★タイヤの持続性能、燃費向上にも優れている

グッドイヤー アイスナビ7

アイスナビ セブン[ICE NAVI 7]|日本グッドイヤー 公式サイト キャプチャ画像

出典:
アイスナビ セブン[ICE NAVI 7]|日本グッドイヤー 公式サイト
https://www.goodyear.co.jp/products/tires/icenavi7/icenavi7.html

タイヤメーカーBIG3の1社であるグッドイヤーは、創業120年を超えるリーディングカンパニー。最新のテクノロジーを搭載した、エキストラ・コンタクト・コンパウンドを採用し、降雪地区ユーザーから強く求められる氷上・雪上性能をさらに向上。氷上で優れたグリップ力とコーナリング性能を実現しています。
摩耗の激しいドライ路面においても、従来品より転がり抵抗を4%低減させることに成功。安定した走りと高い経済性を実現しています。

★対象パターンを継承したスタッドレス ふらつきの軽減により安定した走りを実現
★性能にそぐわない価格も魅力

トーヨータイヤ オブザーブGIZ2

OBSERVE GIZ2(オブザーブ・ギズツー)|タイヤ製品情報・検索|TOYO TIRES(トーヨータイヤ)製品サイト 公式サイト キャプチャ画像

出典:
OBSERVE GIZ2(オブザーブ・ギズツー)|タイヤ製品情報・検索|TOYO TIRES(トーヨータイヤ)製品サイト
https://www.toyotires.jp/product/obgiz2/

「変わらない安心感、路面環境に対応した新世代スタッドレス」をコンセプトに、数年ぶりにトーヨータイヤから今シーズン新商品が登場した。

独自の設計技術が生み出した非対称パターンや新コンパウンドを採用。アイスバーンは削っても、アスファルトは削らない、環境に優しい100%天然素材の「鬼クルミの殻」が配合された吸着クルミゴムは、高いグリップ力とロングライフを見事に両立しています。

★定評のある氷上性能に加えて、ウェット性能も向上
★数年ぶりの新作スタッドレス トーヨータイヤの最新技術に期待

ピレリ アイスアシンメトリコ

Ice Asimmetrico Plus - 車 タイヤ | Pirelli キャプチャ画像

出典:
Ice Asimmetrico Plus – 車 タイヤ | Pirelli
https://www.pirelli.com/tyres/ja-jp/car/catalogue/product/ice-asimmetrico-plus

モータースポーツのF1にもタイヤを供給するメジャーなブランドです。日本国内での道路状況や使用状況を考慮し、日本でもテストを行っています。

従来のモデルから新たに採用されたコンパウンドを使用することによって耐久性や制動性能もさらに向上し、乗り心地などのコンフォート性能も高いと評判です。

★雪上性能だけでなく、乾いた路面でもふらつき感が少ない
★日本の道路を考慮し、テストされた安心の商品でありながらリーズナブル

アジアンタイヤ

アジアンタイヤで冬のスタッドレスタイヤ選ぶ方は、ほどほどで良いものを・・・と検討できる知識のある中級者~上級者の方に多いです。以下のポイントに当てはまる方は検討してみてはいかがでしょうか。

★用途が決まっている → 年に2~3回
例:スキー場・アウトドア・旅行などで雪が降る地域にいく

★1~2年のスパンですぐ履き替えたい
例:保管方法等の扱いを面倒に思う・乗り捨て感覚

アジアンタイヤとは?

アジア圏内で作られたタイヤのこと。
近年、高品質な商品を作るメーカーが増えたが、国産に比べると安価な物が多い。

ハンコック Winter i*cept IZ2 A (W626)

Winter i*cept IZ2 A W626 - Winter Tires | ハンコック日本キャプチャ画像

出典:
Winter i*cept IZ2 A W626 – Winter Tires | ハンコック日本
https://www.hankooktire.com/jp/passenger-cars/hankook-winter-i-cept-iz2-a-w626.html

韓国で80年近くの歴史があるメーカーで、まだ国産メーカーと比較して日本では馴染みが薄いですが、韓国国内では1位のタイヤメーカーとなっています。
モータースポーツDTMのワンメイクでも利用され、欧州市場向け新車装着用タイヤの供給を拡大し、プレミアムブランドへと急成長しています。国産ブランドでは、トヨタ、ホンダ、ダイハツとパートナーシップ契約を結んでいます。

・「日本の雪道でも安全にドライブの楽しさを提供」をコンセプトに、日本の道路事情を考慮した日本市場をターゲットとした商品
・ハンコックのスタッドレスタイヤとして初の非対称となったトレッドには、数々の技術が新たに搭載によりエッジ効果を向上。アイス路面のグリップ力を高めた。またブロックの剛性を上げることでアイスブレーキング性能も向上してしっかり止まる
・曲がるの操作に手応えも進化し向上

★夏タイヤに定評あり、冬タイヤに抵抗なく履き替える方が多い
★欧州市場向け新車装着用タイヤの供給。国産ブランドでは、トヨタ、ホンダ、ダイハツとパートナーシップ契約を結んでいる安心感
★知る人ぞ知る急成長中アジアンタイヤ

ナンカン ESSN-1

南港輪胎 キャプチャ画像

出典:
南港輪胎
http://www.nankang-tyre.com/index.php?active=ProductDetail&item=38

台湾では最も歴史の古いタイヤメーカーで、タイヤ販売において台湾国内だけではなく、アメリカやヨーロッパにも出荷されている信頼があります。

・車両の直進性や旋回性などを向上させる左右非対象デザインのスタッドレスタイヤ。
・台湾の道路事情に合わせた「SN-1」をベースに、日本国内の環境に合わせてバージョンアップを実現したのが「ESSN-1(イーエスエスエヌ ワン)」

★老舗メーカー 安定したクオリティ
★安価でコストパフォーマンス良し
★ナンカンというブランド名からの指名買いも多い

クムホ WINTERCRAFT ice Wi61

クムホタイヤジャパン株式会社 - タイヤラインナップ - WinterCRAFT キャプチャ画像

出典:
クムホタイヤジャパン株式会社 – タイヤラインナップ – WinterCRAFT
https://www.kumhotire.co.jp/tire/wintercraft_ice_w61.html#

クムホタイヤジャパンは約40年の歴史があり、日本専用スタッドレスタイヤの開発を行い日本に合ったタイヤを開発・販売している。

・左右非対称パターンを採用。IN側では排水・排雪性能を強化。OUT側では接地面積が広く剛性を高めたブロックを採用。氷雪路でもドライ
・ウェットでの安定性能も◎

★世界のトップ10目指し、事業領域拡張を発表。常に上を目指す老舗ブランド
★欧州メーカーの純正装着タイヤとしても選ばれている
★同シリーズでSUV専用スタッドレスタイヤも日本で発表。サイズがあればお買い得

ネクセン WINGUARD Sport2

WINGUARD sport2 | 株式会社ネクセンタイヤジャパン キャプチャ画像

出典:
WINGUARD sport2 | 株式会社ネクセンタイヤジャパン
https://www.nexentirejp.com/product/winguard_sport2.html

NEXEN(ネクセン)は韓国のタイヤメーカーで、歴史は古く長年にわたり多くのノウハウや技術力を蓄積しています。

日本の輸入タイヤの先駆けとなったブランドであり、韓国タイヤは総じて日本の冬に対応した技術を持ち合わせている
・溝が比較的はっきりと有るパターン目のブロック。そのため排水性も高くべちゃべちゃのシャーベット雪やウェット路面での性能が高い
・昔からの日本製スタッドレスに感じられる“雪のタイヤ”と割り切った性能がある

★積雪、凍結路面を走ることは年1〜2回くらいならば、コスパ重視でネクセンとの方多し。
★高性能セダンやスポーツカーの冬季の走行に最適化
★フォルクスワーゲンの8世代目新型「ゴルフ」の新車(OE)装着用タイヤ

スタッドレスタイヤに関するお悩み相談はぜひ嘉衛門へ!

スタッドレスタイヤは、実際に試して買うことが難しい製品です。ユーザーの口コミや評価は検討材料になりますが、歩行者や大切な家族・知人の命を預ける重要な部品です。

価格やスペックだけでなく、ホイール・タイヤ専門店でプロのアドバイスを参考にしながら、自分に合った製品を選ぶことをおススメします。

次回は、オールシーズンタイヤについてご紹介いたします。